TOP > リノベ×新築×リフォーム

リノベ×新築×リフォーム×古民家再生

実は、違うんですね〜。
一般的には、まだあまり知られていませんが、それぞれは、かなり違います。また、誤った理解も多々あります。
以下に、ご説明します。

リノベーション住宅の良さ

□購入費用が抑えられる。
土地の価値はあまり変わりませんが、建物の価値は年々下がっていきます。ですが、その為、費用を抑えて土地と建物を購入することができます。

□購入費用が抑えられる=ローンの年数や支払が軽減される。
月々の支払金額が下がれば、教育費や定期的な旅行の計画、突発的な支出があって乗り切れます。

□税金(建物の固定資産税)が抑えられる。
土地・建物を所有する方には必ず税金がかかります。建物の築が新しければその分税率も上がります。
中古物件を選択すると、その分建物の評価は低くなります。室内を新築同様にリノベーションをしても税率は変わりません。

□設計の自由さ。
子供部屋として洋室を区切りたい、趣味の部屋を造りたい、最近のキッチンにしたい
等、自分たちの生活スタイルに合わせて設計することができます。将来を見据えた設計ももちろんできます。
(※動かせない柱も構造上あります。その場合は柱は残ります。)

リノベーション住宅で想定しなければいけないこと

□ローンを組むときに無理をしない。
ボーナス払いや月々の支払額を高額にしない。生活に支障がでない金額を考えて予算を考えましょう。ファイナンシャルプランナーに相談という手もあります。

□リノベーションに得意な(実績のある)設計事務所に間取りや設備等の相談する。
費用は掛かりますが、自分たちの考え・理想とするマイホームプランを練りましょう。
工務店任せより、より良い住まいを実現できる方法とも言えます。

□防水面、排水面など、プロの診断を受ける。
目に見えないところに瑕疵がある場合があります。全体をきれいにする前にまずは建築士及び各専門家による診断を受けましょう。

新築住宅の良さ

□すべてが新しい。
内装・外装・設備のすべてが新品。誰も使っていないという点が1番の魅力ではないでしょうか。
ハウスメーカーさんで言えば、最新の耐震性能・断熱性能ではないでしょうか。

□ローンが組みやすい。
担保となる建物の価値が高いので、ローンが組みやすいです。
また補助金等使える可能性も高いです。

□新築ならではの新生活の感覚が大きい。
夢のマイホームを手に入れ、気持ち新たに頑張ろうという気持ちになれます。

□当初数年間のコストが低い
新築の場合、すべてが新品で最新の設計なので、10~15年前後はメンテナンスコストや管理費などが低いです。

新築住宅で想定しなければいけないこと

□ローンの金額が大きく、支払年数が長い
ローンを35年で組み、定年退職の前後まで期間がある。 といったケースが多数かと思います。急な出費があってもローンの支払いは絶対なので、長期的な支払計画を立てる必要があります。また、ローンが残っていると生活状況が変わることによる対応も限られます。

□築が経った際のリフォーム、修繕費用の捻出
ローンの支払が残っているが、築年数が経ってくると悪くなる部分も出てきます。
そのメンテナンス費用が必要となります。

□建物にかかってくる税金(固定資産税)が高い。
中古物件と比べて新築は建物の価値が高いので、その分税金も高くなります。
室内の設備・きれいさは関係ないのです!

リフォーム住宅の良さ

□購入価格が平均的にお手頃で、購入しやすい。

□購入費用が抑えられる=ローンの年数や支払が軽減される。
月々の支払金額が下がれば、教育費や定期的な旅行の計画、突発的な支出があって乗り切れます。

□税金(建物の固定資産税)が抑えられる。
土地・建物を所有する方には必ず税金がかかります。建物の築が新しければその分税率も上がります。
中古物件を選択すると、その分建物の評価は低くなります。室内をきれいにリフォームしても税率は変わりません。

リフォーム済み住宅で想定しなければならないこと

□日々の生活を派手にしない。
新築住宅に比べてお値打ちに購入できます。しかし、それで豪遊した生活を送ると、せっかくのお値打ち分が意味をなくします。

□建物内部に大きな補修をしないため、将来的なメンテナンス費用を想定しておく。

□自分たちの好みのリフォームではない可能性が高い。
見た目だめきれいになっている、リフォームで設置された設備が中途半端等と、自分たちの希望の室内ではない可能性があります。

古民家再生の良さ

□現代の建物にない魅力がある。
古民家ならではの味があります。りっぱな柱や梁はそのままにして、他にはない住まいを造りだすことができます。
□間取りの変更が幅広い
古民家の構造は従来構造よりシンプルな木組みが多いので、壁を取り払う等構造に合わせて自由に変更できます。
□素材の木材の質が良い
古民家は昔の人の知恵が詰まっており、木材は時間とともに強度を増していきます。「古いから心配。」と思われる方もいらっしゃいますが、実は耐久性に優れた建物なのです。また、現在の住宅と比べ物にならない良質な木材が使用されていることが多く、人体に影響を及ぼす化学部室ももちろん出ることはありません。
□固定資産税が軽減できる
築年数がたっているので、固定資産税は軽減されます。

古民家再生で想定しなければならないこと

□断熱性の問題
冷暖房のない時代の建物という点と、風を建物全体にめぐらせる構造となっているので、冬場の断熱をきちんとしないといけません。
□耐震性の問題
木材の強度はよいのですが、現在の耐震基準を満たしていない場合が多く、耐震補強が必要となる場合もあります。
□費用面の問題
基本的には全面改装となる場合が多いので、それに伴う解体費用・廃材の処分費用等がプラスで掛かってきます。それにより、思いのほか費用が掛かってしまうことがあります。